誰に対してのチラシなのかを明確にする

ポスティングは誰に対してでも良い、というわけではありません。適当にポスティングしてしまうと、大部分が無駄になってしまうので注意が必要です。だから、まずは誰に対してのチラシなのかを考えましょう。どういう人に見てほしいのか、その人はどういうところに住んでいそうなのかを考えます。推測や想像になってしまいますが、至る所に配るよりは効果的になります。これによって、チラシが無駄にならず、より受け取るべき人の目に届きやすくなるでしょう。

ポスティングする時間帯に注意する

一般の家庭では、チラシは朝や夕方、夜にポストから取り出し、目を通します。そこで、ポスティングする時間帯を絞り込むことでより見られやすくすることができます。特に、夕方は効果的にでしょう。朝は忙しい時間帯なので、あまり見られることがありません。夜では、疲れているため読む気にはならず、見ることなく捨てられてしまいます。それを避ける意味でも夕方、16時から18時頃にポスティングしておくことが望ましいです。

効率的にポスティングする!

ポスティングはより多くの人に目を通してもらうために、たくさん配る必要があります。ですが、1件1件ポスティングしていては時間がかかり、作業効率が悪くなってしまいます。一度にたくさん配り、効率を上げる方法として、集合住宅やマンションなどの人がたくさんいる場所を選ぶと良いでしょう。さらに、どういう人が住んでいるのか直接確認できる可能性が高くなるので、次のポスティングの対策にもつなげることができるでしょう。

ポスティングとは飲食店や不動産会社などの広告を目的としたチラシを戸建住宅や集合住宅のポストに投函することを言います。